津市神戸の家

斜めに建つお家

津市神戸の家

敷地が変形地という不利な条件を利用して周りの家に逆らうように斜めに建てることで、分譲地に起こりがちな隣家の窓が向き合ってしまうことを避けることができます。


斜めに建てたことで南側の光を取り入れやすくなり室内がとても明るい空間になりました。また、隣地に影が落ちるのを少なくすることができ、隣地への配慮もすることができます。


キッチンは家具屋さんで造作していただき、ヒアリングし使い方に合わせたキッチンになっています。ダイニングテーブルの上にはルイス・ポールセンのHP5を吊下げています。


2階の書斎と寝室には吹抜けに向かって室内窓を設け換気を意識した設計になっています。