google-site-verification=cX9LPCnoIMYCIaNmQcEcyU4yuE6XAgVi5gGd-vcqJ4Yid=GA_TRACKING_ID"> 注文住宅|工務店|三重|LAPIAS DESIGN|構造のヒミツ

構造のヒミツ

木造住宅の多くは、在来軸組工法と呼ばれる工法が多く用いられています。

​この工法は、柱と梁で主要な構造部分を構成しています。

木造の種類

木造軸組工法は、柱と梁の軸組による構法です。

在来工法は多くのハウスメーカーや工務店が採用しており、昔から使われている長年の実績がある工法ですので、伝統工法と呼ばれる事もあります。

在来工法、木造軸組工法、伝統工法などいろんな呼び方がありますが意味は全く同じです。

木造軸組工法
◆メリット
  • ほとんどの建設会社ではこの工法のために部材類を豊富にそろえている。

  • 近年では耐震性向上のために壁量を増やす傾向があるが、開口幅(出入り口の幅)が大きく取れることは変わらない。

  • 一部を除いて将来の変更や改造が比較的容易にできる。

  • 法規問題が解決しさえすれば将来においての増築も可能。

  • 木の良さを表現するための真壁造り(柱・梁現し)ができる。

  • 真壁造りにすることにより、木が持っている調湿効果を期待することができる。

◆デメリット
  • ツーバイーフォー工法などに比べると見積価格で大工の手間料が大きくなる。

  • 適切な金物の使用による施工が為されれば耐震性能においてもツーバイフォー工法と比べても遜色はないが、揺れの大きさでは依然劣っている。

  • ツーバイフォー工法に比べて工期がかなり長くなる。

  • ツーバイフォー工法のようにシステム化されていないので、出来上がりの善し悪しが実際の施行にあたる大工の技術に大きく左右され品質にばらつきが出る。

  • ​通柱で断面欠損が大きくなり地震などの際に破断する恐れがある。

  • ​体力壁は、筋交いを用いるが地震などの際に破断する恐れがある。

木造枠組壁工法(2×4など)

ツーバイフォー工法は、既製サイズの角材で枠を作りそれに釘で合板を貼り付けて、さらにそれを組み立てていくという単純な工法で、大工や職人に高度な技術が求められないという特徴があります。

当時のアメリカはどんどん開拓地を広げていき、たくさんの建物を建てる必要があったものの熟練した職人が少なかったために、素人でも比較的習得しやすいツーバイフォー工法が広まったという時代背景があります。

◆メリット
  • 枠組壁工法なので耐震性が優れている。

  • 工法がマニュアル化されていて、パネルを立て込む方式なので工事期間が短く完成は早い。

  • 気密性が極めて高い。

  • 部材相互の密接度が高く、それが防火性と断熱性を高めている。

  • 内部の空調管理が容易で省エネに優れている。

  • 高度にシステム化・マニュアル化されている技術なので現場の大工さんに高度な技術が不要で品質が均一でムラが無い。

◆デメリット
  • 耐震性が壁によって確保されているため、将来的な壁の撤去や貫通などはできず間取りの変更が困難。

  • 木を露出したデザインを施したくてもパネルで面が構成されているので困難。

  • 同じ理由で木による調湿が期待できない。

  • 高温度の環境では気密性が高いので湿気が抜けず腐食の可能性がある。

Model House 見学
2 時間
要予約

​LAPIAS DESIGN Co., Ltd.

ラピアス デザイン 株式会社

​Contact

Lapias food's

Tsu Office / Model House
​三重県津市安濃町東観音寺384-3
TEL 059-261-7828