• LAPIASDESIGN

ブロック塀無料診断

2018年6月18日7時58分頃、大阪市北部を震源として発生した『大阪北部地震』

地震の規模を示すマグニチュードは6.1、震源の深さ13km、最大震度6弱


昨年、発生した大阪北部地震では大阪府高槻市の小学校でプールの目隠しの為に設置されていたコンクリート製のブロックが小学4年生の女児(当時9歳)を直撃し、その後死亡が確認されました。


公共の施設で小学校は災害時の避難場所となる施設にも関わらず、地震によって付属の工作物によって幼い命が奪われる衝撃的なニュースでした。

この事故以降、地方公共団体は施設の見直しを行い順次改修工事を行いました。幼い命が結果として奪われてしまった事実は受け入れ難い事実ですが、教訓となり政治が動きました。

しかし、個人まではその波はなかなか波及しておらず未だに街では高く積まれたブロック塀がそのままになっています。


ブロック塀が災害時に及ぼす危険性は、倒壊にとって下敷きとなり人命を奪う事もありますが、避難の妨げとなり二次被害を起こす危険性もあります。阪神淡路大震災ではそうした建物の倒壊やブロック塀などの工作物の倒壊・破壊によって避難の妨げとなり、地震によって引き起された火災で人命が奪われる事にもなっていました。


このブログをお読み頂いた方の周りにそういったブロック塀をご存じであれば、是非ブロック塀診断を勧めて頂きたいです。あなた自身がそのブロック塀の被害にあう可能性だってあります。ラピアスデザイン株式会社では自分たちが住む地域からそういった危険な箇所がなくなり被害者が出ないことを願い、無料でブロック塀の診断を行っています。


#ブロック塀 #ブロック塀診断 #ブロック塀無料診断 #無料診断 #大阪北部地震 #阪神淡路大震災 #倒壊 #ブロック塀倒壊 #避難

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

アフターサービス・保証

新築を考えている方の中には、デザインは地元の工務店の方が気に入っているが、後々の保証やアフターサービスなどに不安があり、大手ハウスメーカーで建築される方も少なくありません。大手ハウスメーカーの営業マンは、そこを武器に工務店潰しの営業トークを繰り広げます。そういった話を聞いたお客様は不安を覚え選択しから地元の工務店を消し去ります。 どれだけ性能が良くても、どれだけデザインが良くても後々困らない方がい

モニターハウス募集

現在、鈴鹿市・亀山市・松阪市でモニターハウスを募集致しております。 モニターハウスって? ラピアスデザインでは、マイホームを真剣に考えている方に限って既に引渡済でオーナー様が生活している物件を見学して頂いています。このオーナー様の多くも引渡済の物件を見学して良いアイデア取り入れたり、住み心地を実際にオーナー様に聞いたりして勉強され建築されました。良いアイデアは更に良く、間取りなど自分たちに合わない

Model House 見学
2 時間
要予約

​LAPIAS DESIGN Co., Ltd.

ラピアス デザイン 株式会社

​Contact
Tsu Office / Model House
​三重県津市安濃町東観音寺384-3
TEL 059-261-7828