• LAPIASDESIGN

間取りの考え方

マイホームを考えるとき、完成見学会やハウジングセンターへ行くとおもいます。

参考になる所も多くありますが、でも行けば行くほど『〇〇ハウス 営業△△ △△』などと書かれた名刺と膨大な資料が増え、アンケートに書かれた電話番号に頻繁に「その後、マイホームの方は進んでいますか?」や「□□学区に新しい土地がでましたがいかがですか?」や「〇〇でオープンハウスするので見学どうですか?」などといった営業電話の嵐がやってきます。

でも、たくさんの資料、たくさんの名刺でどの話がどの会社の話なのかごちゃごちゃになってマイホームを挫折したくなることでしょう。


マイホームを考えるときに現物を『観る』・『感じる』・『触れる』ということは良いですが、まずは、見学はそこそこに自分たちの考えをまとめる事から始めた方が無駄な動きをしなくて営業電話も少なくて嵐にならず小雨程度ですみます。


ラピアスデザインでは、紙ベースで書き込みのできるノートとエクセルを使って記入ができるデータをダウンロードしていただけるようにご用意しています。




ダウンロードはこちら




ハウジングセンターのモデルハウスや見学会へ行ったときに、このノートに書いた要望に沿って例えば、ここの吹き抜けのこんなところが良かったなど具体的にしていくと見学するポイントが絞られて効率よくマイホームを考えることができると思います。


とある人に聞いた話ですが、大手ハウスメーカーとの商談の時の話です。

ハウジングセンターへマイホームを考えるため見学へ行ったそうです。

その中の一社が希望の地域に建築条件の付いた土地を持っているとのことで、その土地で話を進めていると、営業マンは早く契約が欲しいせいか「〇月までにご契約いただくとこんな特典を付ける事ができるのでチャンスですよ」しかし、その方はじっくり間取りを詰めたかったそうです。

しばらく日が過ぎてその営業マンから一本の電話が

「今、人気の間取りがあるので一度見てください」

その間取りを見に行くと、その間取りがその方の実家の間取りそのままだったそうです。

数十年前の間取りがそのまま出てくるなんて・・・。


結局、その方はそのハウスメーカーでは契約をしなかったそうです。


#間取り #マイホーム #オープンハウス #ハウジングセンター #モデルハウス #見学会 #ハウスメーカー #土地 #要望 #建築 #条件 #契約 #吹き抜け

37回の閲覧

最新記事

すべて表示

アフターサービス・保証

新築を考えている方の中には、デザインは地元の工務店の方が気に入っているが、後々の保証やアフターサービスなどに不安があり、大手ハウスメーカーで建築される方も少なくありません。大手ハウスメーカーの営業マンは、そこを武器に工務店潰しの営業トークを繰り広げます。そういった話を聞いたお客様は不安を覚え選択しから地元の工務店を消し去ります。 どれだけ性能が良くても、どれだけデザインが良くても後々困らない方がい

Model House 見学
2 時間
要予約

​LAPIAS DESIGN Co., Ltd.

ラピアス デザイン 株式会社

​Contact
Tsu Office / Model House
​三重県津市安濃町東観音寺384-3
TEL 059-261-7828