積み木で遊ぶ子供

安心して暮らせる備えPrepare

 地震補償付き住宅とは

 最大300~900万円の補償

火災保険では、地震を原因とする火災は補償の対象外となっています。新築かつ、耐震性に優れた倒壊の危険性が低い住居でも、地震による火災(隣家からの延焼を含む)を始め、土砂災害、沿岸部では津波の心配など、お施主様ご本人や住宅の耐震性だけではどうにもならない不安も多く有ります。地震補償付き住宅なら、これらの防ぎようの無い不安を軽減することが可能です。

image_03.jpg
 保険金の使い途は自由

地震補償は、地震の後の生活再建のための費用を補償する保険です。お施主様が受け取った保険金は、建物の補修だけではなく、下図のような様々な費用を補てんするためにご利用いただけます。

image_04.jpg
 地震保険に加えて補償

地震補償付き住宅制度の地震補償は、お施主様が個人でご加入される地震保険とは別に補償が受けられます。あまり知られていませんが、通常の地震保険は建物価額の50%までしか補償することができません。 そのため、地震のために住居が破損し、建替えとなった場合には、地震保険に入っていても新旧二つのローンを同時に返すことになることも珍しいことではありません。 地震補償付き住宅は地震保険に加えて補償を受けられるため、こうした二重ローンの不安を和らげることが出来ます。

image_05.jpg
 補償対象災害

地震補償保険では、地震・噴火を原因として、ご自宅が以下のような被害を受けた場合を補償対象とします。

補償対象.png