仕様トップ.png

仕様

Specification

断熱の要 遮熱シート

輻射熱

今、主流になりつつある住宅は「高気密・高断熱」ですが、ラピアスデザインでは一つ上の「遮熱」も重要視しています。

断熱性は、熱の伝わり難さの性能値でしたが、一度入った熱が逆に逃げにくいというデメリットもありました。

​遮熱シートを家全体覆うことで、熱を反射して快適な住環境を保ちます。

建物の室内温度に影響を及ぼす熱移動についてですが、3つの種類に分類されます。

「対流熱」・「伝導熱」・「輻射熱」があります。断熱材で効果を発揮するのが「対流熱」と「伝導熱」の2つです。

建物に及ぼす「対流熱」と「伝導熱」は全体の25%の影響しかありません。

残る75%が「輻射熱」。「輻射熱」は遮熱でシャットアウトします。

​高気密・高断熱の家

​高気密・高断熱・遮熱の家

 ​赤外線シャットアウト

「輻射熱」の正体は「赤外線」です。

​身近なもので例えると「電子レンジ」です。

​​電子レンジは「マイクロ波」を利用して温めますが、「マイクロ波」も「赤外線」も同じ「電磁波」です。

実際に実験すると危険なのでしないで下さい。皿の上に置いたジャガイモとアルミホイルに包んだジャガイモをそれぞれ電子レンジにいれ温めるとアルミホイルに包んだジャガイモは温まることはありません。アルミは電磁波を通さない特性があります。そのことを利用して建物全体をアルミで覆おうことで輻射熱を室内に入ってくることがなくなります。

​プレミアムサーモ

永く住む家、長期間その快適さを持続するためには過酷な環境に耐え続けられる遮熱型透湿防水シートが必要です。ラミテクト「プレミアムサーモ」は新たに開発した特殊なアルミ透湿フィルムを採用し、遮熱機能の耐久性を大きく向上させることに成功しました。

 高耐久遮熱テクノロジー

無数のアルミ粒子が熱線をカットし高い遮熱性能を発揮します。

​このアルミ粒子をフィルムに含ませ外気と触れにくくすることで、長期間持続する遮熱機能を実現しました。

 高耐久を実現した遮熱機能

外壁からの輻射熱を大幅にカット

  • サーモグラフィによる遮熱性能の比較

​外壁面温度が60℃によるようレフランプで照射後裏面の放射温度をサーモグラフィにて測定

 高い遮熱性能を維持

初期と耐久試験後の熱カット率の変化

 透湿・防水機能

遮熱耐久試験:JIS A 6111の試験を参考にした自社法

​サンシャインウェザーメーターで200時間処理した後、90℃/95%RHの高温多湿環境下で50日処理※熱カット率=100-全透過率にて算出 測定方法:フーリエ変換光光度計による全透過率測定

Model House 見学
2 時間

​LAPIAS DESIGN Co., Ltd.

ラピアス デザイン 株式会社

​Contact
Tsu Office / Model House
​三重県津市安濃町東観音寺384-3
TEL 059-261-7828
Copyright ©ラピアスデザイン株式会社 All Rights Reserved.