窓のヒミツ.png
三重県,津市,工務店,注文住宅,新築

世界トップクラスの窓

三重県,津市,工務店,注文住宅,新築
トリプルシャノン
仕様トップ.png

仕様

Specification

高性能トリプル樹脂窓.png

建物の弱点である窓を強化するために、世界トップクラスの断熱性能と遮音性能、高いデザイン性をもち合せた、高性能の樹脂窓で住宅を高断熱化することによりエネルギー消費の削減はもちろん、住宅の温熱環境を改善し快適な住環境を実現させます。

三重県,津市,工務店,注文住宅,新築
 超高断熱

熱の伝わりにくい樹脂フレームと、Low-E複層ガラスの組み合わせにより、優れた断熱性能を発揮します。

窓断熱性能比較.png
三重県,津市,工務店,注文住宅,新築
​ ダブルLow-Eトリプルガラス

内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスを標準採用。

ガラスの総厚は31mmに設定。から見てもわかるように、空気層厚を大きくすることで、断熱性能が高まります。

三重県,津市,工務店,注文住宅,新築

●ガラス空気層別熱貫流率(Ug値) [表1]

三重県,津市,工務店,注文住宅,新築
 樹脂の断熱性
三重県,津市,工務店,注文住宅,新築

※引違窓は、総厚27㎜となります。

日本で一般的に使われている窓枠の素材はアルミ製です。塩ビ樹脂の熱伝導率はアルミの約1/1000のため、
樹脂窓はアルミサッシに比べて、特に断熱性能が優れるという特徴を持っています。

三重県,津市,工務店,注文住宅,新築

● 耐衝撃性

樹脂窓のフレームとなる硬質塩ビ樹脂性形材は、日本工業規格の【JIS A5558 無可塑ポリ塩化ビニル製建具用形材】の耐衝撃性能をクリアしています。

 

● 難燃性

塩ビ樹脂は、原料の半分以上が塩であるため、汎用プラスチックの中で例外的とも言える難燃性があります。
難燃性の評価法として、「酸素指数」があります。
この数値が大きいほど難燃性が高く、空気中の酸素は21%ですから酸素指数22以上の物質は自己消火性があると言うこととなります。

三重県,津市,工務店,注文住宅,新築
 ウォームエッジスペーサー

複層ガラスのスペーサーはアルミ製が一般的です。スペーサーを樹脂製にすることで、断熱性能の向上とガラス端部の結露を抑制します。

三重県,津市,工務店,注文住宅,新築
 厚さ2.5㎜の堅牢なフレーム

フレームの構造体となる外周部は、2.5mm以上の厚さで成型しています。

これは、「公共建築工事標準仕様書」ならびに、「木造建築工事標準仕様書」に適合した堅牢な樹脂サッシです。

三重県,津市,工務店,注文住宅,新築
​ 冷暖房費やCO2を削減
三重県,津市,工務店,注文住宅,新築

高性能なサッシにすることで冷暖房を効率よく運用することができ、家計に優しくなります。また、その効果はCO2排出量も大きく削減することができ、地球にも優しい家になります。

冷暖房費比較.png
CO2排出量比較.png
三重県,津市,工務店,注文住宅,新築
​ 外の騒音を軽減します。

気密性が高いトリプルシャノンは、同時に遮音性能も優れています。そのため、高い遮音効果を生み出し、屋外からの騒音から守り、安らぎある室内空間を実現します。

遮音性能.png