google-site-verification=cX9LPCnoIMYCIaNmQcEcyU4yuE6XAgVi5gGd-vcqJ4Yid=GA_TRACKING_ID"> 注文住宅|工務店|三重|LAPIAS DESIGN|高性能トリプル樹脂窓

世界トップクラスの窓

トリプルシャノン

世界トップクラスの断熱性能と先進の機能、高いデザイン性をもち合せた窓です。高性能の樹脂窓で住宅を高断熱化することで、エネルギー消費の削減はもちろん、住宅の温熱環境を改善し快適な住環境を実現させます。

 超高断熱

熱の伝わりにくい樹脂フレームと、Low-E複層ガラスの組み合わせにより、優れた断熱性能を発揮します。

​ ダブルLow-Eトリプルガラス

内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスを標準採用。

ガラスの総厚は31mmに設定。[表1]から見てもわかるように、空気層厚を大きくすることで、断熱性能が高まります。

●ガラス空気層別熱貫流率(Ug値) [表1]

 樹脂の断熱性

※引違窓は、総厚27㎜となります。

日本で一般的に使われている窓枠の素材はアルミ製です。塩ビ樹脂の熱伝導率はアルミの約1/1000のため、
樹脂窓はアルミサッシに比べて、特に断熱性能が優れるという特徴を持っています。

● 耐衝撃性

樹脂窓のフレームとなる硬質塩ビ樹脂性形材は、日本工業規格の【JIS A5558 無可塑ポリ塩化ビニル製建具用形材】の耐衝撃性能をクリアしています。

 

● 難燃性

塩ビ樹脂は、原料の半分以上が塩であるため、汎用プラスチックの中で例外的とも言える難燃性があります。
難燃性の評価法として、「酸素指数」があります。
この数値が大きいほど難燃性が高く、空気中の酸素は21%ですから酸素指数22以上の物質は自己消火性があると言うこととなります。

 ウォームエッジスペーサー

複層ガラスのスペーサーはアルミ製が一般的です。スペーサーを樹脂製にすることで、断熱性能の向上とガラス端部の結露を抑制します。

 厚さ2.5㎜の堅牢なフレーム

フレームの構造体となる外周部は、2.5mm以上の厚さで成型しています。

これは、「公共建築工事標準仕様書」ならびに、「木造建築工事標準仕様書」に適合した堅牢な樹脂サッシです。

Model House 見学
2 時間
要予約

​LAPIAS DESIGN Co., Ltd.

ラピアス デザイン 株式会社

​Contact
Tsu Office / Model House
​三重県津市安濃町東観音寺384-3
TEL 059-261-7828