​ラピアスデザインにできること

大切を守る家づくり

​家づくりを通じて、あなたの大切を守るために
ラピアスデザインでは
「安心」+「安全」+「快適」=デザイン
という考えを大切にしています。

モデルハウス内観

​「安心」+「安全」+「快適」=デザインとは

「安心」して暮らせる備え=保証・アフターサービス

建ててからも地震や劣化など様々な心配事があります。

その心配事により手厚く対応できる備えがあれば安心して家族との幸せな日々が過ごせます。

 

「安全」に暮らせる構造=構造・躯体

地震や台風など様々な自然災害、害虫被害など建物被害を防ぐには信頼できる構造が必要になります。

耐震性・耐久性が信頼できる構造・躯体なら万が一、災害があっても大切な命を守ることができます。

 

「快適」に暮らせる空間=仕様

家族の健康を守ることができる家が本当の住まいだと思います。

エネルギーを消費する設備に頼らない家は、家族の健康を守り、地球環境も守れる家である。これが本来、追求するべき家だと考えています。

 

私たちはデザイン先行ではありません。そこに住まう人があるから、本来追求するべき建物があるからデザインされるものだと考えています。

動画

『LAPIAS』とは

LAPIAS(ラピアス)とはエスペラント語で「鉛筆」を意味します。

 ​エスペラント語は1880年にルドヴィコ・ザメンホフによって創案された人工言語で、母語の異なる人々の間で意思伝達を目的として誕生しました。

 マイホーム計画は、お客様によって考え方はそれぞれあります。意思を伝え、それを理解し考え、共通の目標に向かいマイホームを完成させるというプロセスは、母語や思想の異なる人々の間で用いられたエスペラント語が誕生した経緯と重なると考えます。

 また、LAPIAS(鉛筆)はお客様と打合せをするとき、図面を描くときなど様々な場面で使い、私たちにとってLAPIAS(鉛筆)は大切なアイテムです。

 そして、LAPIAS(鉛筆)の主原料は炭素です。その炭素に1,000°以上の高温と5万気圧以上の高圧力が加わることで「ダイヤモンド」が合成されます。高温と高圧力が加わることでダイヤモンドとなる炭素は何度も打合せを行い、何度も考えることで理想のマイホームが完成するといった工程と重なる部分があると考えています。

そんな想いを「LAPIAS」に込めて、安心、安全、快適を追求し、お客様と共に最高の住まいを考えています。

鉛筆
木製の農家のテーブル

デザインとは

私たちがおこなうデザインは暮らしのデザインです。

暮らしに関する、動線、視線、居心地など様々なことを想像して間取り、視覚的デザインをおこないます。その家に求めること(コンセプト)に基づいてカスタマイズし、そこに住まう人に合わせデザインされます。

大切にしていることは「安心」+「安全」+「快適」=デザインであり、装飾のためのデザインではなく、そこに住まう人の暮らしがデザインされることが一番だと考えています。

​いつの日も、いつの時代も家族の一部で、そんな集える場所を提供することを望み、デザインをおこないます。