構造のヒミツ
構造トップ

安全に暮らせる構造
Structure

 ハウスガードシステム

ハウスガードシステム
ハウスガードシステム

この3つの対策を行った家づくりを
ハウスガードシステムと呼んでいます

1.シロアリの侵入阻止

基礎の隙間、配管の隙間に薬剤を処理してシロアリの侵入をブロックします。

2.緑の柱を使う

万が一の対策として、腐らない緑の柱を使っているので安心です。

3.錆びに強い釘と金物

木材を固定している金物が錆びないように、錆に強い素材デュラルコートを使っています。

​ ハウスガードシステムとは

腐らない木を使って新築の状態をずっとそのままに。

木の住まいをずっと劣化しないように「柱」「金物」「構造」に様々な対策を行い、家族が安心・安全に暮らすことができる住まいを実現できます。これはラピアスデザインの考える【「安心」+「安全」+「快適」=デザイン】この方程式を実現できるシステムです。

ハウスガード柱写真
 腐らない「緑の木」

木材を長持ちさせる、薬剤の研究、野外試験を長期間実施しており、腐れの被害と対策を行っています。その中で開発した、防腐防蟻薬剤マイトレックACQと加圧注入処理技術により、木造住宅の建築資材として最適な「腐らない木」をつくりだすことに成功しました。

錆に強い金物画像
 錆に強い金物

木材を固定する金物には、錆に強いコーティングを施しています。木材と同様、メンテナンスできない部分にこだわることで、新築時の状態を長期間維持することができます。

 耐震性

半永久的に新築時の耐震性能を維持し続ける、住む人の命を守る家に。

​地震や台風などの災害は、いつ起こるかわからないのに、現在の建築基準法は新築時の耐震性能しか考えていません。ハウスガードシステムを使った家は、耐久性に優れた「緑の柱」を使い、長期に渡って耐震性能を保ち続ける家づくりが可能になります。

木造住宅の主要構造部分に「緑の柱」を使用します。

木造住宅の主要構造部分に「緑の柱」を使用します。耐久性に優れた「緑の柱」なら柱・壁・土台など、見えないながら住宅を支えている部分の腐れ・シロアリ被害の対策が万全となり長持ちの家が実現します。

 耐力壁

木造住宅における耐力壁とは、筋交いや構造用の面材で造られた壁です。耐力壁は地震や台風などの横方向からの力に耐えるとともに、年月による建物の変形にも耐えるように造られています。
 阪神淡路大震災では、住宅倒壊の原因の一つとして、耐力壁の不足があったとされています。木造住宅の場合には、筋交いや耐力壁が無い場合には、地震、台風などによる横からの応力に脆くなることは明らかです。耐力壁は、住宅の重量も支える必要性から、2階部分よりも、1階部分により多く耐力壁が必要となります。

ハウスガード柱画像
耐力壁説明
筋交い説明
​ 阪神大震災から得た教訓

日本建築学会近畿支部が1995年9月に発表した「1995年兵庫県南部地震 –木造建物の被害-」からの抜粋です。

木造家屋被害に対する構造部材の蟻害・腐朽による劣化の影響
大阪市立大学生活科学部 土井正・宮野道雄・北本裕之
パシフィックコンサルタンツ ㈱ 総合研究所 呂