【津市】注文住宅は予算や費用、家計での資金計画が重要!

HOME【三重県】注文住宅に関するコラム > 【津市】注文住宅は予算や費用、家計での資金計画が重要!

注文住宅を購入する際に無理な資金計画を立てると、家計を圧迫しかねません。かかる費用をチェックし、予算オーバーにならないようにしてください。住宅ローンの返済ができなくなり、家を手放さなければならない事態に陥らないためにも、家計に見合った資金計画を立てることが大切です。

 

津市の工務店LAPIAS DESIGNが資金計画のポイントや家計に見合った住宅ローンなど、注文住宅の費用や予算について解説いたします。

レ点

津市の工務店が教える注文住宅にかかる費用は?知っておきたい3つのポイント

注文住宅を購入するためには、様々な費用がかかります。

ここでは、注文住宅にかかる費用を大きく3つに分けて解説いたします。注文住宅の資金計画の参考になさってください。

◇1.土地購入のための費用

注文住宅を建てるためには、土地が必要です。

土地の購入費用だけでなく、土地の状況によっては地盤改良などの費用が別途かかることもあるため、ご注意ください。

電卓と積まれた硬貨

◇2.建物の建築のための費用

注文住宅の建築費用には、基礎工事から内装費など、建物に必要な費用がすべて含まれていると考えてよいでしょう。

ただし、建物の外である外構工事は建築費用に含まれないケースもあります。どこまでが建物の建築費用の対象となっているか、事前にしっかりとご確認ください。

◇3.そのほかの諸費用

家の購入では、土地や建物のほかにも登記費用や住宅ローンの保険料などが必要です。これらの諸費用もしっかりと確認して予算に組み込んでおいてください。

レ点

注文住宅の資金計画で失敗しないためのコツとは?

無理なく注文住宅を購入するためには、資金計画が重要です。

たとえば予算が3,500万円の場合、3,500万円の住宅が購入できるわけではありません。家にかかる総費用は建物の本体価格が全体の70%ほどで、付帯工事費に約15~20%がかかります。そのほかにも、諸経費を約5%~10%ほどみておかなければなりません。

仮に3,500万円の住宅を建てるとするなら、プラス30%の予算を確保しておく必要があります。プラス30%を見落とすと予算オーバーになってしまうため、資金計画どおりに進みません。

注文住宅の資金計画のイメージ

そのまま住宅購入を進めていくと、当初はなんとか支払いができていても、そのうち住宅ローンの返済が滞るようになり、最悪の場合には家を手放す可能性も考えられます。資金計画を成功させるカギは、最後まで住宅ローンを返済していけるかどうかにかかっているのです。

今は健康でも、長い年月の間には何が起こるかわかりません。将来、病気や事故で働けなくなることや、職を失うことが絶対にないとはいえないでしょう。リスクを考えると、予算オーバーの状態で住宅を購入するのは危険です。余裕のある資金計画を立てましょう。

 

津市の工務店LAPIAS DESIGNでは、外部の第三者であるファイナンシャルプランナーによる資金計画を行っております。津市周辺で注文住宅をご検討の際は、ぜひLAPIAS DESIGNにご相談ください。

レ点

注文住宅は予算を明確にしてから進めよう

資金計画とはどのように考えればよいのか、資金計画の考え方を見てみましょう。

資金計画では用意できる金額を考えて、そこから家の資金計画を練っていきます。用意できる金額を考えることで、住宅ローンの返済も無理なく続けていけるはずです。

 

用意できる金額を考える前に購入したい家を考えて、価格にあわせて資金計画を立てる方法もあります。そのほうが住宅の設計段階でも自由度が高くなるため、夢のマイホームに近づけることができるでしょう。

しかし、予算を度外視した資金計画は危険です。返済が滞ってしまうと土地も建物も失うことになりかねません。何よりも、無理のない資金計画を立てることが第一です。

レ点

注文住宅のローンは家計に見合った返済計画を!

住宅ローンは返済期間が長いため、無理のない返済金額を設定することが重要です。

 

下記では、家計に見合った返済計画の立て方について解説いたします。

◇現在の家賃をもとに考える

現在の家賃と貯蓄、購入後にかかる住宅ローン返済以外の住居費から毎月の返済額を計算すると、家計に見合った無理のない返済額となるはずです。なお、住宅ローン以外の住居費には固定資産税や都市計画税があります。金額は物件によって変動するので確認しておいてください。

◇購入可能な物件価格の目安を知る

住宅購入資金とは、「自己資金+住宅ローン借入額」のことです。この金額から購入時にかかる諸費用を引いたものが、購入可能な物件価格の目安となります。目安をもとに範囲内で資金計画を立てることで、住宅ローンの返済も無理なく行えるようになります。

 

 

津市の工務店LAPIAS DESIGNでは、資金に関する勉強会を個別で行っております。注文住宅購入をご検討の方は、ぜひLAPIAS DESIGNにご相談ください。まだ資金計画が立てられていない段階のご相談も可能です。

レ点

津市で注文住宅を建てたい方はLAPIAS DESIGNにご相談を

注文住宅は予算オーバーしないように、綿密な資金計画を立てることが大切です。土地の購入、建物の建築、そのほかの諸費用などを考慮し、予算を明確にしましょう。しっかりと資金計画を立てて、将来的にも無理のないマイホームづくりを目指してください。

津市の工務店LAPIAS DESIGNでは、家の最大の目的である「住む」ことを一番に考え、安心して暮らしていただける住まいをご提案しております。資金計画についてもご相談いただけますので、津市で注文住宅を建てたい方は、お気軽にお問い合わせください。